会った時に盛り上がる鉄板の会話の仕方

ポジティブに優しく接する


時には聞き上手に回ろう

出会い系サイトや出会い系アプリで仲良くなったから終わりではなくてそこから会ってさらに好印象を与えなくてはいけませんよね。

実際に出会ってみないと付き合うかどうかなんて絶対に判断できません。

出会い系サイトでは出会いを求めて利用していますが、会う前から付き合うということはないですよね。

会ってさらに自分をアピールしたり、話のフィーリングだったり、優しく接することが出来るかどうかはとても大切なことだと思います。

やはり相手と会話が弾むかどうかというのは2人の距離が縮むか離れるかになるのでやはり会話の仕方はマスターしなくてはいけません。

可愛い女性だったり、かっこいいイケメン男子でもやはり会話がつまらなかったら一緒に居ても苦痛ですよね。

逆にお笑い芸人などが非常に綺麗な女性を捕まえているのは一緒にいて楽しいからですよね。

男女問わず自分に容姿に自信が無いと思ったら会話を盛上げようとしたり、相手に居心地のいい空間を与えるように努力する必要があります。

出会い系サイトではある程度メールで仲良くなって意気投合してから会う分打ち解けるのも早いですからここではどのようにすれば盛り上がる会話になるのかを紹介していきます。

まず一番大切なことは決して話ばかりがうまくなっても仕方が無いということです。

どんなに面白い人でも喋り続けられてしまっては疲れてしまいますよね。特には聞き上手に回って相手が話したいことを聞くという姿勢を持つということも必要です。

特に自分があまり面白い人間ではないと思っているのであれば聞き上手に回ることを覚えましょう。

退屈で話のつまらない先生の授業をただひたすら聞いているのはかなり苦痛で起きているのもやっとだっとと思います。

相手が普段抱えている悩みやストレスを発散してもらえる聞き上手に回るのも会話が盛り上がる一つだと思いましょう。

明るくにこにこ話す

基本はやはり一緒に居て楽しいと思える人でいるためには常にニコニコ笑っている顔を相手に向けることが大切です。

いつもしかめっ面をしていて眉間にしわを寄せていて不機嫌そうな顔をしていたり、つまらなそうに下を俯いている人に対して何かを喋ろうという気にはなれませんよね。

会話を盛上げるのは何もトークだけではなくてその場の雰囲気も重要です。回りががやがやとしている居酒屋だったりしたら気持ちも高まりますが、周りがシーンとしている状況では話そうとは思いませんよね。

楽しい雰囲気作りをすることで緊張感も薄まりますし、緊張をほぐさないことには喋ろうと思いませんし、何を喋っていいのかも分かりませんよね。

人と話をするとなったら常にニコニコ笑顔で居るようにしましょう。

好感度の高い芸能人は常に笑顔を作っていますよね。

「YES」「NO」形式の質問をしない

よく人がやってしまいがちなのですが、相手に考えさせない質問をしてもいまいち盛り上がらないということです。

「貴方は本が好きですか?」という質問をすると「はい」か「いいえ」でしか答えられませんよね。

もちろんこの後にすぐに「どんな本が好きですか?」って結びつけるための質問ならいいですが、それで会話が終わってしまったら意味がありません。

相手に質問をした後も相手がどんな答えが返ってくるのかを想像しながら答えを見つけていくようにしましょう。

また会話をする時には「誰が」「いつ」「どこで」「何を」という文章をついつい使いたくなってしまいますが、それよりも「なぜ」「どうやって」などの言葉のほうに意識が集中すると言われています。

ですから会話をする時に職業の話をする時に、「いつ今の会社についたの?」よりも「なぜその職業についたの?」のほうが耳に残りやすいのです。

もちろん「なんとなく」とか曖昧な返事が返ってくることもありますが、その場合も「でもキッカケとかはあるんでしょ?」など会話をつなげていきましょう。

繋げる意識を持たせることでより会話もどんどん弾んでくるものです。

ゆっくりと喋るようにする

よく新人の営業マンがやってしまいがちなのが、全てを伝えようとして早口で伝えようとしてしまいがちです。

自分は伝えた気になってしまいがちですが、相手からしてみればその情報のほとんどが入ってきません。

後になって言いましたよ!って言っても早口で言われてしまっているわけですから聞き漏らしもありますし、言いましたよ!って言っても信頼性がありませんよね。

急いで全てを喋る必要は無いです。ましてや営業でも商談でもないわけです。言葉をまくし立てられるように言われたら聞き苦しく感じてしまいます。

ゆっくりと焦らずに喋るようにしましょう。意外と人は聞き取れていないことも多いです。

自分中心の話はしすぎない

どうしても自分をアピールすることに意識しすぎるために「俺は」「私は」の会話をしてしまいがちです。

「俺はこんな会社に勤めている」「俺はこんなに凄いんだ!」みたいな会話をしてしまいがちですし、多少などは話の流れを掴むためには必要ですが、やはり聞いている人からしてみれば自分大好き人間だね!って思われしまいます。

自分よりも相手に聞く姿勢を持つようにしましょう。

どんな趣味を持っていて、どんなことに興味があるのかなどを聞いてそこから話を広げるように持っていったほうが好感を持たれると思います。

会話というのは話す内容だけではなくて身振り手振り、話しやすい環境づくりがあって初めて会話となります。

話す内容も膨らませて繋げるように意識をする事が大事ですが、そればかりに注意しないようにしましょう。

参考にするのはお笑い芸人です。

相手を笑わせるプロですから自分と喋り方や話す内容、共感できる話をするお笑い芸人を参考にするようにしましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る