間違ったメールのやり取り

勘違いメールは危険


自分主体はだめ

間違ったメールのやり取りについて紹介していきたいと思います。どんなに優良サイトを利用していようともそこはまだスタート地点でしかありません。

自分の力でいろいろな人とコミュニケーションを増やしていってそこからたくさんの人の中から自分に合った人とめぐり合うにならなくてはいけないのです。

そして出会い系サイトを利用していく上でもそうですし、今の時代にコミュニケーションの主流となっているのは電話や対面ではなくメールです。

メール上でうまくやり取りできるかそうでないかで決まっていくのです。しかし、間違ったメールのやり取りをしていればいつまでたっても相手から好感を得られることはできませんし、出会うことはできないでしょう。

間違ったメールをしていて出会えていない人が優良サイトを悪徳サイトだ!と言い張っているケースもあるのです。

まずは自分がちゃんとしたメールを相手に送れているのかどうかを認識しておかなくてはいけません。

間違ったメールというのは大抵嫌われてしまうものです。好かれるというのは人によっていろいろとフィーリングのものもありますので難しいとは思います。

しかし、嫌われてしまうというのは大抵同じ理由なのですから直さないといつまでたっても出会うことはできません。

まず一番嫌われるメールとしてあげられるのががっついてしまう人です。男性だったらすぐに会おうと言ったり、女性だったらステータスはどうだとか年収はどうだとかいう人は嫌われてしまいます。

すぐに会おうというのは結局のところ下心なんでしょう?と女性から警戒されてしまいますし、所詮ステータスやお金で判断されるということは男性からしてみればうんざりしてしまうところでもあります。

まずはしっかりと相手とコミュニケーションを図ることをお勧めします。

大体お金を持っている人はそれとなしにアピールしてきますし、女性も出会いたいと思っているから利用しているものですのでがっつかずに仲良くなることを優先しましょう。

他には長文のメールを送ってくるパターンです。一回のメールに自分の情報を詰め込むだけ詰め込もうとする人がいます。

これは有料サイトで多い傾向がありますが、これも嫌われます。まずいちいち長文を見直したりするのは面倒にしか感じませんよね。

とくに活字文化ではなく漫画文化なのですから当然文字だけを見ているのは疲れてしまいますし、どれに対して返していいのか反応にも困ります。嫌われますのでやめておきましょう。

他にも偉そうだったり、ネガティブだったりなどいろいろとありますが基本的に自分がされたら面倒だと思うことは止めておくのが大切なのです。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る