告白の仕方

断りづらいムード作り


真剣な思いを伝えよう

告白の仕方についてここでは紹介していきます。出会い系サイトで素敵な人と連絡を取り合っているだけではいいことはおきません。

デートをして自分の思いをぶつけなければいい結果にはならないと思います。

ここではちゃんとした告白の仕方の一例を紹介していきたいと思います。自分がどう伝えたいかではなく相手がどんなふうに伝わったらうれしいのか?というのを考えて行動することができればきっとうまくいくと思います。

例えば自分は歌が好きだから好きな人のためにオリジナルの歌を作ってプレゼントしたい!という人もいるかもしれませんが、たぶんあまりいい結果には結びつかないと思います。

自分が伝えたい想いと相手が感じる想いがズレテしまったらうまくいかないことが多いのです。

サプライズが好きな人があまりそういったことに鈍感な人は伝わらないと感じる人もいるでしょう。

大事なのはちゃんと相手に真剣さが伝わるかどうかです。それは言葉や行動ではなく態度で示すべきなのです。

告白というのは相手にちゃんと気持ちをぶつけることという風に思ってください。

まずはシチュエーションで普通にカラオケとかで歌を歌いながら好きだ!!って言っても何も伝わりませんし、それで相手の反応を聞いたりしてもチャラいですよね。

他にもメールで告白しても真剣味がないですよね。

告白するときはシチュエーションという告白のアドバンテージをもらうという考えですので綺麗なレストランだったり落ち着いたところで告白するのがいいと思います。

どうせ告白するのであれば相手にもしかして告白されるの?っていうぐらいの場所でいいと思います。

そして告白するときは相手の顔をちゃんと見て真剣な表情と態度をとることがとても大切です。

気恥ずかしさからちゃんと言わずにおチャラけた感じでいったら相手も幻滅してしまいます。

うつむいて自信がなさそうに言われてもうれしくないのでちゃんと背筋を伸ばして相手の目をみて告白するようにしましょう。

最後に告白するときのセリフですがこれは長ったらしくわかりづらい言葉ではなくてシンプルに相手のどこに惚れたのか?を伝えて真剣な表情で『付き合ってください』という言葉を伝えましょう。

長く言われても相手には心に残りません。

何を伝えたいのかは好きという言葉と付き合ってください。

という言葉だけで足りるのですから長ったらしく言うのではなくてシンプルに言いましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る